目の不自由な方が災害に備えておきたいこと 。

見え方に不自由を感じていらっしゃる方とそのご家族の皆様へ

大災害が発生したとき、身体に不自由のある方のひなんには困難が伴います。日頃から備えておきたいポイントをお示しします。

日本ロービジョン学会のホームページも参考になさってください。

1.一緒に逃げてくれる人にお願いしておきましょう。

普段慣れている場所では人の手を必要としない方でも、災害時には周囲の状況が大きく変わり単独の避難は危険が伴います。ご家族の不在時に災害が起こる可能性もありますので、普段からご近所付き合いの中で目が不自由なことを知っておいてもらうことと万が一のときに一緒に逃げてもらえる関係を築いておくことは重要です。

2.避難行動要援護者として登録しましょう。

自治体では、避難に支障が予想される人について「要援護者」名簿を作成しています。災害時にはこの名簿に基づき安否確認救助が行われます。また、市町村の「防災メール配信サービス」や、視覚障害者の団体や地域の点字図書館などに会員登録されることもお勧めします。

3.避難所、避難ルートを確認しましょう。

実際に歩いて避難してみることが大切です。地域に利用できる「福祉避難所」(一般の避難所での避難生活が難しい要援護者に配慮した避難所)があるかも確認しておきましょう。

4.見えにくい方用の非常持ち出し品をリストアップしましょう。

特有のものは、避難所では手に入りにくいです。

5.自宅の耐震化、必需品の備蓄、そして早めの避難。

備えあれば憂いなし。

コメントは受け付けていません。

ようこそいけがみ眼科整形外科へ
TEL:046-852-1747
FAX:046-852-1795
〒238-0035
横須賀市池上7-13-1
???